ロシア・ウズベキスタン専門の旅行会社はディスカバーロシア

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 現在の羽田空港について(12/4現在)

現在の羽田空港について(12/4現在)

11月より約7か月振りにフライトが再開したアエロフロート・ロシア航空ですが、就航空港が成田国際空港から羽田空港へと変わりました。今回は新たな就航先である羽田空港の現在の様子やチェックインカウンターの場所などをご紹介します。

今回は京浜急行電鉄さんを利用して羽田空港まで行きました。現在、国際線は全て羽田空港第3ターミナルに集約しています。3月に第2ターミナルも国際線施設を開設したものの、新型コロナウイルスの影響で現在閉鎖しております。羽田空港第3ターミナル駅は終点の一つ前の駅なので、乗り過ごさないようご注意ください。

※京浜急行電鉄 羽田空港第3ターミナル駅

さて改札を出るとすぐにエレベーターとエスカレーターがあります。出発ロビーは3階です。

※改札を出て、すぐのところにあります。2階が到着ロビー、3階が出発ロビーです


※3階出発ロビー

3階に着くと一面にチェックインカウンターがあります。保安検査場を正面とし、右側の「Eカウンター」がANA、「F、G、Hカウンター」は主にJALのチェックインカウンターとなっております。アエロフロート・ロシア航空のチェックインカウンターは右側の「Cカウンター」です。


※チェックインカウンターの地図と時刻表


※A-Eのチェックインカウンター


※E-Hまでのチェックインカウンター


※アエロフロート・ロシア航空はCカウンター

アエロフロート・ロシア航空のチェックインカウンターはエコノミークラス、スカイプライオリティ(ビジネスクラス etc…)の2つに分かれています。コロナ禍ということもあり、チェックインカウンターはガラガラでした。


※チェックインカウンターの様子

現在、アエロフロート・ロシア航空の羽田発の便が午前7時55分発(12/4現在)となっております。国際線のチェックインの目安が3時間から2時間前となっているため、始発で行くことも出来なくはないですが、空港周辺のホテルでの前泊をお勧めいたします。また、4階及び5階のレストラン、ショップはコロナ禍の影響でほとんどのお店が営業しておりませんので、ご注意ください。

さて、チェックインを済ませると保安検査場及び出国審査です。ここは「Eカウンター」と「Fカウンター」の間にあります。残念ながら今回は搭乗していないため、ご紹介はここまでとなります。

Eカウンターから見た場合


※Fカウンターから見た場合

最後に12/4(金)羽田着の便よりアエロフロート・ロシア航空の機材が変わりました!今までの機材と違い塗装も変わりました。気になる方は是非一度羽田空港に遊びに来てはいかがでしょうか。


※11/27までの機材(A330-300、旧塗装)


※12/4からの機材(A350-900、新塗装)

関連記事