ロシア・ウズベキスタン専門の旅行会社はディスカバーロシア

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ロシア旅行に役立つロシア語知識(アルファベット編)

ロシア旅行に役立つロシア語知識(アルファベット編)

ロシア語と聞いて、皆さんが頭に思い浮かぶイメージはなんでしょうか?
英語に似ているけど、よく分からないアルファベット、複雑な文法、ネイティブのロシア人のマシンガンの様な早口の会話…など敷居が高そうなイメージを持っておられる方々が、少なくないようです。

しかしながら、一度勉強を始めてみると、英語より比較的聞き取りやすい発音、なんとなく英語に似た様な単語やSV、SVOの様な語順を意識しなくても、比較的自由に話せる文法など意外と、すんなり入り込める言葉であると感じられる方も多くおられます。

ここでは、ロシア語の世界に初めて触れる方々向けに、ロシア旅行ですぐに役に立つ
ロシア語のアルファベットであるキリル文字の読み方について、ご紹介したいと思います。
これを覚えていくと、何もロシア語の単語を知らなくても、街中の看板や標識の意味などが、
なんとなく分かったりしますので、旅行がもっと楽しくなりますよ!

<キリル文字一覧表>

*発音は、便宜上のカタカナ表記となり、実際の発音とは若干異なるものがあります。

<間違えやすい文字について>

キリル文字は、ラテン文字と共通するアルファベットが、かなりありますが、
見かけ上が同じでも、以下の様に発音が異なるものがいくつかある為、ご注意を!

Н:
つい「エイチ」と読んでしまいそうですが、「エヌ」です。

Р:
ピーではなく、英語の「アール」に対応します。ちなみに発音は、イタリア語の様に
思いっきり巻き舌にすると、ネイティブっぽくなりますよ。

С:
なんとなくカ行の音で読みたくなりますが、英語の「シー」に対応します。

Х:
「エクス」に似ていますが、「エイチ」の発音に対応します。

<文字の知識だけで、なんとなく意味が分かる単語>

旅行中に皆さんが目にする単語も、キリル文字が読めれば、なんとな~く分かったりします。
代表的な単語を以下にご紹介します。

РЕСТОРАН(レストラン)
街中であちこち見かけます。欧米系の外国人旅行客は、ペクトパーと読んで何のことか
分からず、しばし混乱する様です。

МЕТРО(メトロ、地下鉄)
モスクワやサンクトペテルブルグなどでは、地下鉄が市民の足となっています。
街中で、地下に入るMの表記を見かけたら、地下鉄の入り口です。

ОТЕЛЬ(ホテル)
他にгостиница(ガスチーニツァ)という単語もありますが、最近はこちらもよく見かけます。

ПАСПОРТ(パスポート)
滞在中に必携の身分証ですので、是非覚えましょう!
パースパルトと発音が英語や日本語と少し異なります。

СТАНЦИЯ(駅)
スターンツィヤと読みます。英語のステーションです。
元が外来語の単語は、語尾によくцияがつきます。
ちなみにинформацияという単語もありますが、英語のインフォメーションとほぼ同じ意味です。

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介しましたのは、アルファベットの読み方のみでしたが、この記事が、皆様のご旅行を、より素敵なものになる一助になれば、誠に幸いです。

関連記事