ロシア・ウズベキスタン専門の旅行会社はディスカバーロシア

ジョージア 基本情報

GEORGIA

GEORGIA
正式名称 ジョージア共和国 / Georgia
元首 サロメ・ズラビシヴィリ大統領 / Salome ZOURABICHVILI
人口 約390万人(2019年)
首都 トビリシ
民族グループ ジョージア人(86.8%)、アゼルバイジャン人(6.2%)、アルメニア人(4.5%)、その他(2.5%)
言語 ジョージア語(公用語・国語)、ロシア語(国民の間で広く流通)
宗教 キリスト教(ジョージア正教)
面積 6万9,700㎢ (日本378,000㎢の約5分の1)
ビザ 1年以内の滞在は不要
電気・電圧 220V/50Hz:Cタイプ
通貨 ラリ (GEL)、補助通貨はテトゥリ(1ラリ=100テトゥリ)
1 GEL= 36.74円 ※2019年11月現在
国旗

ジョージア国旗

白は「清潔」「無垢」「清浄」「賢明」を、赤は「勇気」「勇敢」「正義」「愛」をあらわしている。白地に赤い十字(聖ゲオルギウス十字)、区分けされた4つの真ん中にさらに赤い十字(エルサレム十字)が1つずつ。その様子から「ファイブ・クロス・フラッグ」の異名で親しまれている。
気候 トビリシの夏は晴れて温かく、冬は長く寒く乾燥している。同時期の日本よりもやや寒く、夏の夜でも天候によっては気温が下がるため1枚羽織るものがあると便利。
交通事情 空港から市街へは路線バスで1時間ほどかかる。タクシーでは早ければ30分で市内に行くことができる。バスは0.5GEL、タクシーは20-25GEL程度が相場。市内での交通手段は地下鉄がおすすめ。路線バスは24時間運行、地下鉄は早朝深夜には運行していないため、要注意。
電話のかけ方 日本からジョージアへ : 国際電話認識番号+995+市外局番(0を取る)+電話番号
ジョージアから日本へ : 国際電話認識番号+81+市外局番(0を取る)+電話番号

都市情報

CITY INFORMATION

トビリシ

「トビリシ ~ワイン発祥の地~」

ロシアとトルコに挟まれている国ジョージアの首都。2015年には国名が、ロシア語読みの「グルジア」から英語読みの「ジョージア」へと変更された。長い間周辺の異教の大国に侵略を繰り返されてきた過去がある。

街の中には人々を見守るようにたたずむジョージアの母と呼ばれる巨大な白い像がある。左手にはワインの器、右手には剣を持っていて、それぞれ「敵とは戦い、友はもてなす」というジョージア人の精神を象徴している。ジョージアはワイン発祥の地としても知られ、その歴史は8000年にものぼると言われている。ジョージアのワインの手法は、収穫したブドウを壺にいれ半年ほど地中で発酵熟成させるという独特の製造法である。一般的なワインと区別し、壺をクヴィヴリということから「クヴィヴリワイン」と呼ばれる。 また、古代から受け継がれているこの伝統的な製法はユネスコの世界遺産に指定されている。

コーカサス山脈の雄大な自然を持ち、西洋と東洋さまざまな人が行き交ったこの土地に残された歴史的遺産と豊かな食文化を体験することが出来る。

トビリシ市内の見所としてはムトゥクヴァリ川畔の丘の上のメテヒ教会、ナリカラ要塞跡、シオニ大聖堂、アバノトゥバニ公衆浴場、ツミンダ・サメバ大聖堂などがある。

観光スポット情報

メテヒ教会
METEKHI CHURCH
観光ポイント

開館時間:9:00~20:00

休館日:なし

創建は5世紀で、何度か再建されているトビリシの中心にある教会。帝政ロシア時代には監獄としても利用され、ロシアの作家ゴーリキーが幽閉されたこともあります。トビリシ市内の絶好の写真撮影ポイントです。

シオニ教会
SIONI CHURCH
観光ポイント

開館時間:8:00~20:00

休館日:なし

現在、ジョージア(グルジア)正教の総本山となっている教会です。6世紀に創建され、現在の建物は13世紀頃に建設されたものです。内部では1日中ミサが行われています。

観光スポット情報

ムツヘタ
MTSKHETA(世界遺産)
観光ポイント

紀元前4世紀~5世紀までイベリア王国の首都として栄えた町でジュヴァリ聖堂、スヴェティ・ツホヴェリ大聖堂が有名です。大聖堂の中にはイベリアの歴代の王が葬られています。町は世界遺産に指定されています。この写真はジュヴァリ聖堂からムツヘタの町並みを撮ったものです。

アナヌリ教会
ANANURI CHURCH
観光ポイント

トビリシから軍用道路を北上して車で50分程行ったところ、ジンヴァリ貯水湖の近くに17世紀後半に建てられた教会です。とてもシンプルですが湖とのマッチングが良く映えます。

シグナギ
SIGNAGI
観光ポイント

18世紀に創建された城壁都市で、サーカシビリ大統領の名で18世紀の町並みを復元した町です。

カヘチ地方 テラヴィ ワインセラー
TELAVI
観光ポイント

カヘチ地方のテラヴィにある、300年前から受け継がれる方法で醸造を行っているジョージアワインセラーです。地面を掘ってそこにワイン醸造用の壺を埋めて醸造します。

一覧に戻る