ロシア・ウズベキスタン専門の旅行会社はディスカバーロシア

キルギス 基本情報

KYRGYZ

KYRGYZ
正式名称 キルギス共和国/ Kyrgyz Republic
元首 ソオロンバイ・ジェエンベコフ大統領 / Sooronbay Jeenbekov
人口 約560万人
首都 ビシュケク
民族グループ キルギス系(73.3%),ウズベク系(14.7%),ロシア系(5.6%),ドゥンガン系(1.1%),ウイグル系(0.9%),タジク系(0.9%)
言語 キルギス語(国語)・ロシア語(公用語)
宗教 イスラム教スンニ派
面積 19万8,500平方キロメートル(日本の約半分)
ビザ 60日以内の滞在においては、無査証で入国可
電気・電圧 220V-240V/50Hz:Cタイプ
通貨 ソム SOM (KGS)、補助通貨はトゥイン(100トゥイン=1ソム)
1KGS = 0.64円 ※2019年12月現在
国旗

キルギス国旗

公募によって制定された国旗で、中央に輝く太陽と、キルギス人の移動式住居「ユルト」の天井を象っている。太陽が放つ40条の光は、国民を構成する代表的な40の部族を表わしている。
気候 キルギス共和国は中央アジアの北東部に位置し,西はウズベキスタン,北はカザフスタン,南はタジキスタン及び中国と隣接する国です。南西にパーミル・アルタイ山脈,北東に天山山脈があり国土の約90%が海抜1,500メートル以上に位置しています。気候は,イシククリ湖と山岳の影響により,地域により大きな差がありますが,低地の大部分は温帯気候,南部は亜熱帯気候,山岳部は亜寒帯湿潤気候となります。首都ビシュケクの夏は,暑く乾燥し,気温は40℃を超えることもあります。冬の平均最低気温はマイナス7℃です。
交通事情 ビシュケクの空港であるマナス空港は街の北西35㎞のところにあり、市街まではエアポートエクスプレスやマルシュルートカ(小型バス)を利用します。所要時間は約60分。ビシュケク市内はバス、トロリーバス等がある。ビシュケクから他のエリアへ行く際はバスでの移動となる。
電話のかけ方 日本からキルギスへ : 国際電話認識番号+996+市外局番(0を取る)+電話番号
キルギスから日本へ : 国際電話認識番号+81+市外局番(0を取る)+電話番号

出典:外務省の各国基本情報HP

都市情報

CITY INFORMATION

ビシュケク

「ビシュケク ~緑の街フルンゼ~」

キルギス共和国の北部に位置し、同国の首都であるビシュケク。ソ連時代には『緑の街フルンゼ』とも呼ばれており、緑が多い風光明媚な都市としても有名である。

天山山脈を通るキャラバンの停泊地として、ソグド人に造営されたのが始まりとされており、15世紀から徐々にキルギス人がこの地に住むようになった。19世紀になるとコーカンド・ハン国がキャラバンルートを警備するためビシュケクに砦を建てるが、ロシア帝国の侵攻によりビシュケクはロシア人に占領され、元々その地に住んでいたキルギス人はパミール高原やアフガニスタンへ追いやられることになる。ソ連時代に入るとキルギス・ソビエト社会主義共和国の首都となり、地名もビシュケク出身の赤軍司令官になじんで「フルンゼ」と改称された。1991年のソ連崩壊時には近隣の他国と共にキルギス共和国として独立。その際に地名も元のビシュケクへと復した。

そんなビシュケクの見所は、市民の台所である「オルトサイ・バザール」やビシュケク近郊で、南に40㎞のところに位置する「アラ・アルチャ自然公園」、さらに東に84㎞離れたところに位置し、世界遺産の一つとして認定されている「ブラナの塔」が有名である。

一覧に戻る